「途中までロマンスカー」も選択肢

Pocket

とくに夕方以降の「ホームウェイ号」運転時間帯に、新宿駅の特急券券売機でときおり「相模大野までの特急券を買おうとして、乗りたい時間帯に列車がなくてガッカリしている人」を見かけます。

新宿発のロマンスカーのうち、相模大野に停車するのは、だいたい3本に1本です。18時以降のホームウェイ号であれば、毎時15分発の列車が相模大野に停車します(2017年5月末現在)。

例えば20時50分頃に新宿駅の特急券券売機で相模大野までの特急券を買おうとしても、21時00分発は相模大野には止まりませんし、その時間ではもう15分発も満席でしょう。21時30分発も22時00分発も相模大野には止まりません。相模大野に停車するロマンスカーは22時15分までないのです。だから、ガッカリして券売機から立ち去ってしまう。



いや、ちょっと待ってください。

相模大野の一つ手前の、町田駅停車のロマンスカーでは、だめですか?

町田で降りたら、隣のホームに各駅停車が待っています。

町田まででは、いけませんか……?

他の区間でも同じようなことが言えます。例えば本厚木まで帰りたい人が「なんだ〜、次の空席があるロマンスカーは江ノ島線方面か〜」といったような状態でも、空席があるなら相模大野まででも乗ったほうが、明らかに快適です。

帰宅ラッシュのストレスを避けるには、途中まででもロマンスカーで!

リンク: ロマンスカー|小田急電鉄

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です