ロマンスカーVSEは2022年3月11日(金)で定期運行終了、2023年秋頃に引退へ


小田急電鉄が、ロマンスカー50000形・VSEを2022年3月11日(金)で定期運用から撤退、2023年秋頃に引退させると発表しています。

小田急電鉄株式会社(本社:東京都新宿区 社長:星野 晃司)は、2022年3月11日(金)をもって、特急ロマンスカー・VSE(50000形)の通常ダイヤでの定期運行を終了することといたしました。

情報源: 2022年3月11日(金)、特急ロマンスカー・VSEの定期運行を終了  17年間にわたるご愛顧に感謝の気持ちを込めた企画を実施します|小田急電鉄株式会社のプレスリリース

小田急電鉄は、引退理由について、

車両の経年劣化や主要機器の更新が困難になる見込み

と発表しています。

もともと鉄道ファンのあいだでは、ホームドアへの対応を理由に近い将来引退するのではないかと見られていました。また、VSEデビュー当時すでに何ら必然性がなかった連接台車で、しかも特殊な位置にマウントされた空気バネを採用するなど、「VSEならでは」の構造が結果として引退を早めたのかもしれません。

このWebサイトはVSEの落成があったからこそ開設されたようなものでして、そういう意味では寂しさを感じますが、しかたないという気持ちのほうが上回っているのも事実です。

リンク: はじめまして – ロマンスかっ!Archive